【自宅で首イボを治したい】首イボの7つの効果的な民間療法とは?

首イボは民間療法で手軽に自宅で治したいですよね。皮膚科や美容整形外科では痛みを伴う治療や色素沈着の恐れのある治療が主流です。毎日仕事に追われる日々でクリニックに通う時間だってなかなか作れません。だからこそ、手軽に自宅で始められる民間療法に頼りたい気持ちは凄くわかります。ただし、民間療法はあまりオススメ出来ません。というのも効果の裏付けがある方法が無いからです。自宅での首イボケアには、近頃流行の首イボクリームでのケアをオススメします!

 

もちろん、民間療法がなぜオススメ出来ないか?そもそもどんな民間療法があるのか?知りたい人は少なく無いと思うので、民間療法の種類〜オススメ出来ない理由〜オススメの首イボクリームまでまとめて説明していきますね^^

 

首イボに効くと噂の7つの民間療法について調査しました!

首イボ似聞くと噂の7つの民間療法について調査してみました!それぞれの方法について、「効果が期待出来るのか?」「それはなぜか?」「オススメ度」の3つの観点から調査しています。

 

手法 効果に期待出来るか? それはなぜ? オススメ度
尿素 期待出来る 尿素の角質軟化硬化のため

リンゴ酢 期待出来る リンゴ酢は賛成であるためイボを壊死させる事が出来る

オリーブオイル 若干期待出来る コンディショニング効果によりターンオーバーが促進される

アロエ 若干期待出来る コンディショニング効果によりターンオーバーが促進される;

糸で縛る 期待出来る 首イボの根元を壊死させる事が出来る

オロナイン 期待出来ない オロナインの効能は殺菌

木酢液 期待出来るが危険 酸が強すぎて皮膚がダメージを負う可能性がある

 

表を見てわかるように、基本的に民間療法に高い効果は期待出来ません。尿素やリンゴ酢は比較的効果があると言えそうですが、それでも人によってです。運が良ければ取れるかも・・・程度に考えておいた方が良いかもしれません。また、民間療法の場合少なからずブラセボ効果で治癒する部分があるため時間がかかるのも難点です。

 

また、首イボを取る際に色素沈着する可能性が高いのも民間療法の難点です。特に、効果が期待出来る3つの手法のうち「リンゴ酢」と「糸で縛る」については色素沈着の可能性がかなり高いです。これらの方法は皮膚に刺激を与えて壊死させる方法であるため液体窒素での治療とやってることは大して変わりません。だからかなりの高確率で色素沈着します。

 

比較的安全で効果がありそうな方法が尿素クリームを塗り続ける方法ですが、あくまで尿素は角質の軟化を促進するだけですので、そこから先は本人の肌の再生力次第です。そのため人によって効果にかなり差がでるし、効果が期待出来るひとはほんの一握りです。さらには、もちろん治癒までにかなりの時間がかかることが想像出来ます。

 

首イボケアには流行の首イボクリームがオススメ

首イボを自宅でケアしたいのであれば、今流行の首イボクリームがオススメです。首イボクリームとは、昔からイボに効果的と言われている「杏仁オイル」「ハトムギエキス」を主成分としたクリームでイボの軟化・ターンオーバーの促進・肌質の改善を促す事でイボを取る効果が期待出来ます。中には医師が開発した商品がある程なので、首イボへの効果は期待出来ると思って間違い無さそうです。

 

有名商品の口コミを見ても「首イボがぽろっととれた」といった口コミが多いですね。色素沈着や痛みも無く、値段もそんなに高くないので、今首イボを取りたいのであれば間違い無く一番オススメ出来る方法です。

 

首イボクリームは近頃流行っているので様々な商品がありますが、その中でも「シルキースワン」がオススメです。シルキースワンは、比較的若い商品ですがBest Beauty Award2016受賞など首イボクリーム期待の新星的な立ち位置の首イボクリームです。「配合されている成分」「使いやすさ」「衛生面」どれをとってもNo1の首イボクリームと言っても過言ではありません。さらに数あるイボ取りクリームの中でも首イボ専用に開発されている点も注目すべき点です。首イボ専門のイボ取りクリームはシルキースワンだけです。

 

そんなシルキースワンですが、今ならキャンペーン期間中で5400円⇒1777円で始められます。自宅で首イボを治したいと悩まれているのであれば、是非この機会に試されることをオススメします。