【10代】【20代】【30代】首イボを自宅で取るべき3つの理由

10代〜30代の内に首イボが出来ると少しショックですよね(汗)首イボは年により肌のターンオーバーが乱れる事で生じやすいことから別名「老人性イボ」とも呼ばれています。え!?私老人かよ!と突っ込みたくなる名称ですね。首イボの治療は基本的に皮膚科か美容外科で行う事になるのですが、痛かったり高かったり良い事がなく出来れば避けたい選択だと思います。まして、10代〜30代の内は自分の事に大忙しでクリニックに通う時間なんて作れませんよね・・・。

 

さて、数年前までは、首イボが出来ても病院に行くしか無かったようですが、現代は違います。近頃流行の「首イボクリーム」というコスメを使えば首イボケアはばっちりです。本記事では、首イボを病院に行かずに自宅でケアするべき3つの理由について紹介していきます。

 

【10代】【20代】【30代】首イボを自宅でケアするべき3つの理由とは?

10代・20代・30代程度の人が首イボを自宅でケアするべき理由は大きく分けて3つあります。

  1. まだ若いので自宅でケアできる
  2. 病院での治療は高い
  3. 若い時間をクリニックの待ち時間に使うべきで無い

以上の3つです。そんな事突然言われても、え?なんで?となると思うのでそれぞれについて詳しく説明していきますね^^

 

理由1:まだ若いので自宅でケア出来る。

10代・20代・30代は人生の前半戦であり、比較的まだ若いと言えます。若いという事はつまり、お肌の潜在能力がたっぷり残っていると言うことです。近頃流の首イボクリームでの首イボケアは、お肌の潜在能力に頼ったケア方法です。角質の軟化を促し首イボを取れやすくした上で、ターンオーバーを促し正常なお肌を再生させる事で首イボを取る事が出来ます。だから、若い肌の内は抜群に効くケア方法なんです。10代・20代・30代の内は首イボクリームに頼れば首イボを退治する事はほぼほぼ可能だと考えられます、自宅でケアできるのだから、クリニックに通って面倒な思いをせずに自宅で治す事をオススメします。

 

理由2:病院での治療費は高い

病院で首イボを取ると結構なお金がかかります。最も安い液体窒素療法でも初診料や薬の費用を合わせて6000円〜10000円程度はかかります。ただし、液体窒素療法は色素沈着の可能性があるため若い女性には絶対にオススメ出来ません。そうなると、美容外科でのレーザー治療となり最大5万程度の費用がかかります。正直そんな大金払ってられませんよね?首イボクリームでしたら1777円程度から始める事が出来、色素沈着も無く自宅で首イボをケアできます。皮膚科と比べると安いし楽だし安全で悪い所は一切無いケア方法と言えます。

 

理由3:若い時間をクリニックの待ち時間に使うべきでは無い!

人が若く居られる時間は限られています。その短い時間をクリニックの待ち時間として浪費する事はもったいない事だと思います。クリニックに通えば、移動時間・待ち時間・治療時間と毎度数時間の時間が持って行かれていまいます。同じ時間で友人とカフェに行くことも出来るし、彼とご飯を食べることも出来ると思います。だから、クリニックよりも、自宅で簡単にケアできる首イボクリームで時間を無駄にせずに首イボを退治する事がオススメです。

自宅で首イボをケアするならシルキースワンがオススメ!

首イボを自宅でケアするなら、シルキースワンがオススメです。シルキースワンは首イボクリームの中でも比較的新しい商品で、古い商品の悪い点が徹底的に改善されている商品です。15日×2個毎の販売で衛生的ですし、濃厚だけど広範囲に広げやすいジェルが使いやすいです。さらに首元専用の首イボクリームである事から,首イボへの高い効果が期待出来ます。

 

正直、首イボクリームを購入するならシルキースワン一択です。

 

また、今ならキャンペーン期間中でシルキースワンが5400円⇒1777円で始める事が出来るのもオススメポイントの1つです。10代〜30代のうちは試してみても絶対に損の無い商品なので是非チェックしてみてくださいね!